【えっ、危なくない?】大学生の時から資産運用した方がいいワケ

こんにちは、けいです。

先ほど、女性の前で思いっきりスベりました。辛いです。

 

今回は、2020年現在で見える世界のトレンドについてお話ししたいと思います。

日本の中だけで考えるよりも、世界の流れから考える。

なぜなら日本は、世界のトレンドに沿って動いているからです。

タピオカやキャッシュレスがその際たる例ですね。

これを知ることで、今後どういう行動をとればいいのかがわかると思います。

その1つとして今回は資産運用について話します。

「そんなのは危ないからやらない」

そう思っている大学生に知って欲しいです。

 

資産運用とは

資産運用とは簡単に言うと、お金を様々な形で保有するということです。

株や債券、現金、金、不動産などがありますね。

 

日本人は資産運用に消極的

資産運用について日本人は消極的です。

それはなぜかというと日本では金融についての勉強や話が日常的にされないからです。

また、「そういう話は下品」という考えが少なからずあるからです。

 

海外は違う

しかしこちらをご覧ください。

日本では資産の半分以上を現金として所持していることがわかると思います。

しかし、欧米では日本に比べて多くの金融資産は株式などで保有されています。

でも危ないんじゃないか・・・という考えがあると思います。

それは一部正解ですが、一部は間違っています。

 

日本の経済は危ないが世界の経済は成長

結論から言うと、日本は危ないが世界は大丈夫です。

それがなぜかはこちらの記事を参照ください。

記事貼る

これはEMAXISの先進国株式インデックスというものです。

簡単にいうなれば、この株を買うとそのお金が先進国のいろんな会社の株を少しずつ投資されることになります。

すると一つの会社に預けるとリスクが大きいですが、いろんな会社の株を買うことになるので、リスクが分散されます。

また図からも分かる通り、右肩上がり中の右肩上がりです。

これからますます少子高齢化が進み、経済の先行きが暗いと言われている日本ですが

先進国全体で考えると経済は成長しているのです。

このトレンドは今後も続くと予想されています。

日本円の価値は下がり続けている。

あまり気づきにくいかもしれませんが、日本円の価値は下がっています。

例えば、最近値段は変わっていないけど、中身が小さくなったり、少なくなったりしたなぁと感じたことはないですか?

あれが良い例でしょう。

元々50g100円のものあるとします。それは、1円あたり0.5gです。(50➗100)

しかし、それが40gになったとしたら、1円あたり0.4gしか価値がないことになります。

元々0.5g分の価値があったお金が0.4g分にしかならなくなった。

つまりお金の価値が下がっているんです。

「でも銀行に入れてたら、利率があるでしょ?だからお金は増えるやん!」

そうはそうですが、その割合は年0.001%程度です。

つまり仮に100万を1年入れていたら次の年には100万10円になってるのみです。

これは増えたという部類に入るのでしょうか?

 

まとめ:資産運用しよう

資産運用は確実にしたほうがいいです。

なぜなら日本円の価値は下がっているからです。

現金で持っていても、その価値はだんだん下がっていきます。

違う形で所有することをお勧めします。

早ければ早いほどいいと思います。

僕もすでに始めていますが、大学1年生からやっておけばよかったなと思ってます。

 

今回は以上です。