【今すぐできる】僕が「やりたいことを見つける」ためにした方法

「やりたいことなんてない〜。一生ヒモで生きていきたい。」

 

こんにちは、けいです。

最近つまづくことが増えました。

 

今日は僕がやりたいことを見つけるために行った実際の経験についてお話します。

現在、僕は大学を法学部で卒業しましたが、保健師になるためにお金を貯めています。

そんな僕が保健師になろうと決意した方法について紹介します。

 

やりたいって思ったことをすぐ実行してみる

結論からいいますと、やってみたいと思ったことを大小関係なくひたすらやりました。

はっ?そんなこと?と思うかもしれません。

でも、これがやりたいことを見つける第一歩になるのです。

 

僕も全くやりたいことがわからなかった。

これをし始めたのは、僕が大学3年時にフィリピンに留学に行ってた時です。

フィリピン留学については、下の記事を参照ください。

記事を貼る

当時は来年進路を決めないといけず、でも全く自分のやりたいことを見つけられておらず、

帰国するのが、怖くてたまりませんでした。

自分は何がしたいんだろう、何に興味があるんだろうと考えても全くわかりませんでした。

その状態が嫌で、気持ち悪くてたまりませんでした。

 

「なんかやってみたい」をやってみた

そこでやったのが、なんかやってみたいな、と思ったことをひたすらやりました。

  • 目的地は左の道にあるけど、右の道が気になったから右の道を歩いてみた。
  • ここでバスを降りないといけないけど、まだ乗ってたいから乗ってみた。
  • 気になったからブログをはじめてみた。
  • なんか行きたいから、インドに1人で行ってみた。

などですね。

4つ目はすぐにはできないかもしれませんが、1,2つ目はみなさんでもできると思います。

3つ目もただ登録するだけで誰でも始められます。

これで大事なのは、自分の心に素直になることです

 

心にブレーキをかけていませんか?

無意識に「こうしたいけど、やったらダメだから…」と思っていませんか?

「こうしてみたいけど、結局時間の無駄だし」と思うことはありませんか?

本当にそれは時間の無駄なのでしょうか?

もしかしたら、過去に同じ過ちを犯した結果でそう思っているのかもしれません。

しかし、それは全く同じ状況ですか?しかもあなたの状況もその当時と同じ状況でしょうか?

 

ほとんどは違うと思います。

僕はもともとSNSやブログなどを投稿する人間ではなく、

みんなの発信をただ見るだけの人間でした。

それは、自分の考えが人にみられるのが恥ずかしい、どう思われるか気になってしまう

と考えていたからです。

しかし、心の奥底ではやってみたいなと思っていました。

なので、勇気を出してはてなブログをやってみました。

 

すると、知人だけでなくいろんな人にみてもらうことができたり、

すごくみんなからポジティブな感想をもらうことができて、

文章を書くことが好きになったと同時に好きだということに気付きました。

(これが今、ブログを運営している理由でもありますね)

しかもはじめは、日記風に書いていたのですが、だんだんつまらなくなりました。

でも、一つだけ楽しいことがありました。

それは自分が食べたご飯、特に食材の良さについて書くことです。

  • 豚肉はビタミンB1が豊富で、たんぱく質の吸収を助ける!
  • 白ご飯は食事のはじめに食べると血糖値が急上昇する!

そんなことを調べて書くのがめちゃくちゃ楽しくなっていました。

これは自分でも驚きでした。

そこで、なんで自分はこれが楽しいと感じるのかを考えました。

 

面白いと思ったことはすでに頭の中に残っている!

すると、

そういえばこんな経験があったな

なぜか人より知識があるな

ってことを思い出しました。

 

僕の場合、

  • 高校のクラブの外部コーチから聞いた栄養の話
  • 大学の学生寮で、血眼になってインフルエンザの予防策を実行した経験

とかを思い出しました。

 

そうなんです。

無意識だったとしても、興味がある話は覚えているんです。

それから、栄養や健康についてブログを書いていると、

いつの間にか書いた記事の総数が100個になっていました。

と同時にブログでは伝わる力が弱いことや

直接、健康について指導したいということを感じていました。

そして、保健師を目指そうとなったのです。

(もちろん紆余曲折はありました。)

まとめ

なんとなく気になることをやってみる

面白かったら、なんで面白いと思ったのか、考える/振り返ってみる。

 

すぐにはうまく行きませんが、必ず見つかると思います。

今日はここまでです。