【敵を知ろう】TOEICとは リスニング編

こんにちは、けいです。

今回はTOEICについて概要とリスニングセクションについて説明していきます。

 

TOEICとは

TOEICは日本で幅広く取り入れられている英語の試験です。

テストの時間は2時間で問題は200問です。

すべてマークシート式です。

大きく2つのパートに分かれています。

それが

  • リスニングセクション
  • リーディングセクション

です。今回はリスニングセクションについて見ていきましょう。

 

リスニングセクションとは

リスニングセクションは合計4つのパートから構成されており、

合計で45分間、計100問の試験です。

それではPart1から順に見ていきましょう。

 

Part1 写真を見て正しい選択肢を選ぶ

Part1の問題数は合計6問です。

問題冊子に写真が載っており、それを見ながら答えます。

選択肢が4つ読み上げられますので、

その中から写真について正しく述べられているものをマークします。

「Part1攻略の記事を貼る」

 

Part2 音声の質問に対して正しい選択肢から選ぶ

Part2は音声で質問が流れ、そのあとに選択肢が3つ流れます。

その中から正しいものを選ぶ形式です。

合計で25問です。

基本的に質問は疑問形ですが、中には普通の肯定文の場合もあるので要注意です。

例題

Q, I don’t want to have lunch right now.

A, Me, too.

B, You did a good job!

C, Do you want a doll?

こんな感じです。

答えはAですが、Cのように同じ単語(want)で受験者を騙そうとする

性格の悪い選択肢がよく出ますので要注意です。

このパートがリスニングセクションで最も重要なパートです。

その理由については下の記事を参照ください。

(Part2が重要である記事を書く)

(勉強方法についての記事も書く)

 

Part3 会話を聞いて、正しい選択肢を選ぶ

Part3はあるシチュエーションの会話を聞き、

それについて1題につき、3問の質問に答えます。

計13題、39問あります。

シチュエーションは、

  • 会社員同士の仕事話
  • レストランでのウェイトレスとお客さんの会話
  • ホテルの受付とお客さんの会話
  • あるお店で問題が発生した際のスタッフ同士の会話

など多岐に渡ります。

基本登場人物は2人ですが、2,3問ほど3人の場合があります。

また2,3問ほど簡単な地図や表が書かれており、それについての問題もあります。

詳しい記事・勉強方法について

 

Part4 1人の話を聞いて、正しい選択肢を選ぶ

Part4もPart3同様、様々なシチュエーションがあります。

例えば、

  • お店からの留守番電話
  • ラジオ放送
  • 博物館で行われるイベントの宣伝
  • テレフォンショッピング

などです。

これもPart3同様

問題冊子にマップや何かの料金表が載っていて

それについての問題があります。

合計で10題、30問出題されます。

詳しい記事・勉強方法についての記事

 

まとめ

今回はリスニングセクションについて説明しました。

リスニングセクションの攻略はズバリPart2です。

ここをまず得意になれば、あとは慣れで大丈夫です。

それについての記事は下記をご覧ください。

 

今日はここまでにします。